ヨーロッパでの人混みを避ける生活

日本は今桜が満開のシーズンですが、
こちらの桜も咲き始めました!

日本の桜は世界でもとても有名です。
でも実はヨーロッパの国々にも桜はあるんです。

桜を見ると日本にお花見が恋しくなりますね。

そんなお花見シーズン真っ只中ですが
現在、ヨーロッパの多くの国では
Social Distancing「社会的距離戦略」という方法で
コロナウイルスの拡大を
防ごうという動きが一般的となっています。

つまりは街中など人の集まりやすい場所は避けて
スーパーなどの日用品を買う場合にも
周りの人々と一定の距離をとるように心掛けようというものです。

現在のヨーロッパのほとんどの地域では
必需品以外のお店は閉店しています。
お酒を飲むバーやパブ、レストランも
営業しているところはほとんどありません。

それに比べると日本はレストランや居酒屋も通常営業している
店が多くあるようですので危機感は薄いかもしれませんね…。

そんな「社会的距離戦略」の中では
家にこもることが多くなりストレスが溜まってしまいます。

なので最近は友達同士2人くらいの少人数で集まって
広い公園で距離を取りつつのランニングやヨガが人気となっています。

自然の中では人との距離をあまり気にしなくて良いので
今まではあまり外に出ていなかった人もこの機会に
外で運動する人も多くなっているんですよ(^^)